ドM 彼氏探し

先週聴き取りしたのは、実は、以前からサクラの契約社員をしている五人の若者!
集まらなかったのはドM、メンズキャバクラでキャストとして働くAさん、普通の大学生Bさん、自称芸術家のCさん、某芸能プロダクションに所属するのを諦めたDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「始めに、やり出すキッカケから尋ねてみましょう。Aさんから順にお願いします」

ドM 彼氏探しの求め方

A(メンキャバキャスト)「わしは、女性の気持ちが理解できると思い気がついたら辞めていました」
B(就活中の大学生)「小生は、稼ぐことが重要ではないと考えて躊躇しましたね」
C(歌手)「ボクは、シンガーをやってるんですけど、もうベテランなのにたまにしか稼げないんですよ。食えるようになる為にはでっかいことでなくても地道に下積みしなきゃいけないんで彼氏探し、こういうアルバイトをやって、何よりもまずアンダーグラウンドな経験をしようと思って」

結局最後に笑うのはドM 彼氏探し

D(タレント事務所所属)「自分は、○○って芸能事務所に所属してライブパフォーマーを養成すべく励んでいるんですが、彼氏探し一度のリサイタルでわずか500円しか貰えないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトをしょうがなくやってるんです」
E(お笑い芸人)「実を言うと、俺様もDさんと近い状況で、コントやって一回僅か数百円の楽しい生活してるんです。先輩が教えてくださって、ステマのアルバイトを始めることにしました」
たまげたことに彼氏探し、メンバー五人中三人がタレント事務所に未所属という貧相なメンバーでした…ドM、ただ話を聞かずともドM、五人にはステマ独自の喜びがあるようでした…。
筆者「はじめに、彼氏探し各々ドM 彼氏探しを使って女性と会うようになったいきさつをAさんから教えてください。
メンツは高校をやめてからというもの、五年間自宅警備の仕事をしてきたというA、「せどり」で暮らそうとあがいているB、小さな芸能プロダクションでレッスンを続けながら、ゆくゆくはアクション俳優になるというC、彼氏探しドM 彼氏探しマスターをと自信満々の、街頭でティッシュを配るD、ドMそれから、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
AさんからEさんまで二十代はじめです。
A(普段は自室から出ない)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、ネットを浮遊しててすごいタイプの子を見つけて向こうからアプローチくれたんですよ。そこであるサイトのアカウントをゲットしたら、課金しなくても連絡取れるって言われたので、ID登録しました。その子とは直メもできなくなったんです。けど、ドM他にも可愛い人出会えたので」
B(せどりに)「最初の方はやっぱり自分もメールしたくて。モデル並みにきれいでどっぷりでした。会いたくなっちゃってサイトにも登録しました。そのサイトの場合、サクラが多いってひょうばんだったんですが、女性会員ともやり取りできたので、相変わらず使い続けています。
C(プロダクションで訓練中)「私はですね、色んな人物を演じられるよう、アカウント登録したんです。ドM 彼氏探しを様々な女性に会う役になってそれから自分も利用するようになりました」
D(ティッシュ配りのバイト)「僕なんですがドM、先に利用していた友人に影響を受けながら手を出していきました」
忘れちゃいけない、最後を飾るEさん。
この方なんですが、オカマだったので、率直に言って他の人とは参考にはならないかと。
筆者「ひょっとして、芸能人の中で下積みをしている人ってサクラでの収入に頼っている人がおおくを占めるのでしょうか?」
E(とある業界人)「はい彼氏探し、そうですね。サクラで生計を立てるって、シフト他ではみない自由さだしドM、俺みたいな、急に仕事が任されるような職業の人には丁度いいんですよ。予測不能の空き時間にできるし彼氏探し、変わった経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「変わった経験になるよね、女として接するのは簡単じゃないけど我々は男目線だから、自分がかけられたい言葉を伝えてあげれば言い訳だし、男性の気持ちがわかるわけだから、相手もころっとのせられてしまうんですよね」
A(メンキャバスタッフ)「逆に言えるが、女でサクラをやっている人は利用者の心理がわかってないからはっきり言って下手っすよね」
ライター「女性のサクラより、男性サクラの方がよりよい成績を納めるのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「えぇ、そうですね。優秀な成績を残しているのは大体男性です。といっても、僕なんかは女のキャラクターを演じるのが上手くないので、いっつも目くじらを立てられてます…」
E(芸人さん)「言わずとしれて、彼氏探し不正直者が成功する世ですからね…。女になりきるのが大変で…俺たちも苦労してます」
筆者「女キャラクターを演技するのも、思った以上に苦労するんですね…」
女の子のキャラクターの演じ方についての話で盛り上がる彼ら。
そんな中で、ある発言をきっかけに、自らアーティストと名乗るCさんに興味が集ったのです。
出会い応援サイトを利用する人に問いかけてみると、大多数の人は、ただ人恋しいという理由でドM、つかの間の関係が築ければそれで構わないと言う考え方でドM 彼氏探しのユーザーになっています。
簡潔に言うと、キャバクラに行く料金をケチりたくて、風俗にかけるお金も出したくないから、タダのドM 彼氏探しで、「ゲットした」女性でリーズナブルに済ませよう、と捉える男性がドM 彼氏探しを使っているのです。
それとは反対に、女達は相違な考え方を抱いています。
「相手が熟年でもいいから、お金持ちで家事をしてくれる人を彼氏にしたい。出会い系なんてやってる男性は100%モテない人だから、中の下程度の女性でもおもちゃにできるようになるわよ!ひょっとしたら、カッコいい人がいるかも、デブは無理だけどドM、タイプだったらデートしたいな。女性の半数以上がこのように考えています。
平たく言えば、ドM女性は男性のルックスか金銭が目的ですし、男性は「リーズナブルな女性」を目的としてドM 彼氏探しを使いまくっているのです。
両陣営とも彼氏探し、できるだけお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを願っているようなものです。
そんな風に、ドM 彼氏探しに使いこなしていくほどに、男は女を「もの」として捉えるようになり、女達も自らを「商品」としてみなしていくように曲がっていってしまいます。
ドM 彼氏探しに馴染んだ人の感じ方というのは、女性を確実に意志のない「物質」にしていく類の狂気的な「考え方」なのです。